iPhoneのホームボタンの直し方について

我が国においても今では多くの方は現在iPhoneやiPadなどApple社の製品を日常的に使用しています。

iPhoneやiPadなどApple社の製品は日本で販売されているスマートフォンとは異なりサポートに関しては各携帯ショップでは全ては行ってくれませんよね。

簡単な操作や動作であれば全国のau,docomo,softbank各携帯ショップでは対応はしてくれますが、何か他に問題があるとAppleサポートセンターへ自分で電話で問い合わせをするか、直接全国にあるAppleストアに出向いて問い合わせをしなければなりません。

しかしAppleサポートセンターに問い合わせをすれば、長くて1時間以上待たされたり、またAppleストアに行こうと思っても東京や大阪などの都市部にしかないため地方の方が出向くのは大変ですよね。

今回はAppleサポートセンターに問い合わせや、直接Appleストアに行かなくてもまずは自分で簡単に対応できる方法の一つをご紹介します。

その方法とはホームボタンの修理方法です。

iPhoneやiPadをご使用の方はよくホームボタンを使用されますよね。

しかしそのホームボタンも使い続ければ使い方にもよると思いますが、接触障害が起こり、まったく機能がしなくなりデバイス上にホームボタンを表示させて使用するといった経験をしたことはないでしょうか?

私も以前使っていたiPhone4ではホームボタンの機能が利かなくなる症状が起きました。

実際に修理に出すと1万円以上もかかるため今回は動画で紹介しているホームボタンを修復する方法を試してみました。

方法は動画でご紹介するのでそちらをご覧ください。

※この方法はあくまで、修復方法の一つを紹介してるのであって、iPhoneのホームボタンの悪化状況によって修復状態が異なり、必ずしも修復されるとは限りません。この方法で仮に修復を試みてもご自身で責任を負ってください。

 

 

誰でも簡単にできる葡萄ジャムの作り方

今回は誰でも簡単に作れる葡萄ジャムの作り方を紹介します。

 今回ここで紹介するジャムの作り方は皮・種つきの我が家で無農薬で栽培している小粒のベリーAと言う種類の葡萄をそのまま使ったジャムの作り方です。
①ぶどうを水で洗い汚れを落とす。
②鍋にぶどう入れ砂糖を入れて1時間30分~2時間程炊いていく。
※砂糖の量は鍋の大きさによって異なってくるが、今回の砂糖の量は約500g使用している。しかし、今回は料理人の長年の経験から砂糖の量は目分量なので、この量はあくまでも参考して作る時は自分で量を調整して下さい。
③1時間30分~2時間程炊くと表面にアクが出て来るので丁寧に取り除く。
④ミキサーで皮と種を細かくすると、鍋の表面に小さくなった種が浮き上がって来る。
⑤ボールを下に置き、その上にザルを置いて濾していく。
※ミキサーが無くても、べらを使い手作業で⑤を行えるが時間がかなりかかる。
⑥約1時間炊くとペースト状になるので、レモンを入れ約5分間ゆっくりとかき混ぜる。
※レモンじゃなくても酸味のある物なら何でもOK
⑦瓶に移し、ふたをせずふたと一緒に鍋に入れて約20分間煮沸消毒をする
⑧煮沸後火はすぐに消さずに、瓶にふたをのせ約5分~10分間そのままにする
 (⑧の作業は瓶の中を密封にする為に行う。)
⑨火を止め瓶を鍋から取り出しふたを閉める。
⑩すぐには冷蔵庫には入れないで一日置く
このような感じでジャムを作って行きます。
映像も参考にしながら是非試してみて下さい。