台風15号を振り替えて

 淡路島を通過し現在関東・東北地方を北上中の台風15号はスピード上げて北上しており、各地に大きなダメージを残していっています。

台風15号のダメージを負った場所である淡路島の淡路市志筑地区では現在でも避難勧告が発令されており、地域住民が安心できる時間は未だありません。
死者や行方不明者は淡路島では出なかったにして住宅の床上・床下浸水での被害が甚大で家具の撤去や泥水や瓦礫の撤去に追われている方が多いと思います。
また昨日までの大雨で地盤が緩んでいる可能性も十分あり、土砂崩れなどの土砂災害への危機感は今まで以上に抱かなければなりません。
昨日の昼には、島内の高速道路の通行止めが解除になり、IC入り口で列を作っていたトラックや乗用車の列は無くなり各道路の通行止めも徐々に解除され普通に国道も走行できるようになっていました。
最後に台風15号でによりお亡くなりになられた8名の方々にお悔やみを申し上げ、一刻も早く台風15号により被害を受けられた方々・各地が元通りに復興されることを望んでいます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

台風15号について

 現在北上中の台風15号「ロウキー」は私の地元淡路島をはじめ各地に大きな被害を与えています。

淡路島では台風15号「ロウキー」の影響で島内の道路が約40か所も冠水し通行止めになったり床上浸水や床下浸水になっている家々もたくさんありまた、洲本市五色町では川が氾濫したり土砂崩れが発生したりして地域の住民約数千人以上が避難を余儀なくされています。
島内を走る高速道路も全面通行止めになり、今日の午後洲本ICの入り口付近ではトラックや乗用車が長い列(約150mの列)を作って通行止めの解除を待っている様子も見られました。
台風15号「ロウキー」の影響で島内の店(マクドナルド洲本イオン・洲本IC前店やミスタードーナツや吉野家….)なども閉まっており、島内の各コンビニでは品物が入荷して来てない為おにぎりを置いている棚に商品が全くなかったりしている光景も見られました。
今回の台風15号「ロウキー」は7年前に淡路島を襲った台風23号の記憶を呼び起こすようであると私は感じています。
まだ氾濫していない川や土砂崩れが発生していない場所が淡路島ではありますが、明日の夕方まで降る雨によっては川が氾濫する可能性もありえますの河川沿いにお住みの方や山の近くにお住みの方は、十分注意して早めの避難をして下さい。
幸いのことに現在まだ淡路島で台風15号「ロウキー」による死者や行方不明者の情報はまだ誰一人報告されていませんが、明日の夕方まで激しい雨が降ると予測されているので、今まで以上に土砂災害や河川の氾濫には十分注意して下さい。
そして早めの避難をして下さい。
台風15号洲本川
(午後に撮影した洲本川の様子)
台風15号千草川自宅付近
(午後に撮影した私の自宅付近の川)
台風15号浸水写真ミドリ電
    (台風15号の雨で浸水した店内のエスカレータの様子)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0