旅行

スウェーデンの友人に荷物が届いた

この内容を更新するのが遅くなったけど、こないだスウェーデンにる友人に荷物が

送ってきてくれた荷物かなり良かったと言ってくれた。
と言うのも10月1日に日本から、スウェーデンにいる友人(まろけ)に日本の食べ物を送って
欲しいと言われて送ったのが今回の内容である。
今まではアメリカのハワイぐらいにしか国際便で荷物を送ったことがなく、それも今回スウェーデンに荷物を送る約1~2年程前に送ったきりなので上手く送れるか心配だった。
頼まれた荷物を購入して放送して10月1日に志筑の郵便局から荷物を送る手続きを行った。
今まで送ったことのあるハワイとは違い、スウェーデンに送るにはハワイよりも着くのに時間もかかるし送料も高い。
なのでできる限り送料は安価でしたかったので事前にネットで調べてみた。
するとSAL便だと2Kgまでなら安価で北欧のスウェーデンに送れることが分かった。
今回初めてSAL便を利用するので前もって宛先の住所を別に印刷し、荷物と一緒に志筑の郵便局に10月1日に持っていた。
私は初めての経験なので郵便局に行けば作業がスムーズにいくものだと思っていたが、荷物を職員の者に渡して「SAL便でお願いします」と言ったら予想外の言葉が返ってきた。
職員からは「SAL便?」という言葉が返ってきて、「しばらくお待ちください」と言われた。
そこの郵便局では今までにSAL便でヨーロッパの方には荷物を送る方がいなく、どのように作業したらいいのかが分からなく、洲本市内にある洲本郵便局(本局)に電話で確認したり、上司の方に確認を取ったりしていた。
その為短時間で行えるはずの通常発送手続きが60分もかかった。
最初はこいうことが起こったので不安はあったが、通常2週間で届く荷物が10日余りで早く届いていたのには驚かせられた。
スウェーデン荷物
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

北欧・スウェーデンについて

 これまで11回に渡りまろスウェ生中継でスウェーデンや北欧について紹介してきました。

より皆さんに北欧・スウェーデンの地域の素晴らしさや興味や関心が伝わるようにお届けしています。
今回はこちらの本を紹介したいと思います。
この本があれば北欧の国々やスウェーデンに旅行に行かれる場合にも大変役立つと思います。
是非ご活用下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0