イベント

クリスマスまじか

 早いことに今日で12月8日になる。

私の気のせいだろうか?
最近本当に一日が経つのが以前よりより早く感じられる。
とても不思議な感じがしてたまらない。
クリスマスも後2週間ちょっとで迎えるし、3週間もすれば元旦そしてNew Year(2012年)を迎える。
あちらこちらではクリスマスツリーやイルミネーションが見られそれによってクリスマスムードがより強く感じられる。
昔はサンタがいると信じ込んでいてよく手紙を書いたり直接サンタに電話してクリスマスプレゼントを頼んでいたのがとても懐かしく思う。
サンタの正体が実の父親であったと分かった時の自分の驚いた表情が記憶に残っており、それが自然とよみがえってくる。
もしサンタがいて願いを1つ叶えてくれると言ったら、「良きパートナー」が欲しいと頼んでみたいと思う。
一度もそのような経験がないが、もしパートナーが入ればその方と楽しいクリスマスを一緒に過ごしてみたい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

Appleについて。

 既にニュースや新聞でもお知りの方も多くいるでしょう。

私たちは現代にとっての偉大な技術改革者である、Steve Jobs(スティーブン・ジョブズ)氏を昨日失いました。
Steve Jobs(スティーブン・ジョブズ)氏が我々に残した、Mac・iPhone・iPad・iPod・iTunesは我々の生活の中においては切っても切れない関係になっています。
Steve Jobs(スティーブン・ジョブズ)氏のこれまでの語り部は多くの大人や子供たちに喜びを与え、最後には我々を歓喜の渦に呑み込んでいました。
Steve Jobs(スティーブン・ジョブズ)氏の存在は我々にとって、大きな見本になる人物(存在)だと私は思います。
また米国のオバマ大統領の声明でも、「Steve Jobs(スティーブン・ジョブズ)氏は我々の生活を変え、産業を再定義し、人類の歴史上でも類いまれた功績を残した。彼は世界の見方を変えた。世界はビジョンを持った経営者を失った。」と述べ希代の経営者の死去を悼んでいます。
それだけ、Steve Jobs(スティーブン・ジョブズ)氏の存在は偉大だと言えます。
Steve Jobs(スティーブン・ジョブズ)氏により創設されたApple社は今では所有する株価の総額が23兆円で、これは日本の今年度の国家予算の3割に相当する額であります。
本当にSteve Jobs(スティーブン・ジョブズ)氏は世界にとっては素晴らしい人物であります。
日本の国会議員の方々もSteve Jobs(スティーブン・ジョブズ)氏を見習って欲しいですね。
そうすれば日本もよりよくなるのではと私は考えています。
最後にSteve Jobs(スティーブン・ジョブズ)氏の死去を心よりお見舞い申し上げます。
Steve Jobs(スティーブン・ジョブズ)氏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0