石原慎太郎都知事が・・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 すでにニュースでも大々的に報道されていいるように石原慎太郎東京都知事が尖閣諸島の中の三島(魚釣島・北小島・南小島)を購入すると16日ワシントンで会見をしたのが波紋を呼んでいる。

記憶に新しい尖閣諸島沖での日本の海上保安庁の巡視艇と中国の漁船の衝突事故から、中国は漁業監視船を尖閣諸島沖に展開させ、「尖閣は我々の領土である」と勝手な主張をし尖閣付近に住む日本の漁師の方々や日本政府に圧力をかけている。
なんと馬鹿馬鹿しい行為を中国はするのか常に遺憾に思う。
国連の調査により尖閣諸島に化石燃料が埋蔵されているのでという発表があるまでは、何も興味を示していなかったのに、「化石燃料埋蔵」という言葉を聴くやいなや急に態度を変えて身勝手な発言を長年行っている。
日本には尖閣諸島を所有する所有者が存在するのにどうして、明確な所有権を持ってない中国が「尖閣は自分たちのものだ」と主張するのかが全く理解出来ない。
常々思うのだが、中国はあんなにいい加減な発言・行動をするのか?
自分たちだけが正しいと思えば他人の主張を取り入れずに武力(軍事力など)を使って威嚇してくる。
中国人の人間性がとても疑われる。
そして今回の石原慎太郎東京都知事の発言・行動には私は賛成である。
日本政府は常に中国との問題になればそれを避けて逃げようとしていた。
尖閣諸島沖での日本の海上保安庁の巡視艇と中国の漁船の衝突事故後の当時の日本政府の対応をみれば、中国に対して押されっぱなしで結局中国の言うがままの対応になった。
その時の当時の日本政府の対応は日本国民に対し恥ずかしい態度をみせ、かつ世界に対しても日本がもとても情けない態度であるという印象も与えた。
本当に日本国民の一人として政府が行う対応にはがっかりさせられた。
しかし、今回の石原慎太郎東京都知事の発言・行動は中国に対し真向に立ち向かう姿勢を見せつけ尖閣が日本の領土であるといういう態度を改めて強く主張する事ができ、今まで中国に弱気だった政府を後押しする機会にもなったと私は思う。
尖閣諸島が今回のような形で日本の領土になるとすれば、中国との外交問題など色々と問題は出てくると思うが日本政府がきっちりと対応し、将来的には尖閣諸島が日本の領土になることを私は強く願う。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。