第67回淡路島祭り開催について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 各地では梅雨明けも始まってる箇所が多くなりましたね。

おかげで、日中の気温が30℃を超える日が急に増え、本当に暑くてたまりません。
自宅では可能な限り涼しい時にはエアコンをつけず、網戸にして窓を開け体調のことも考えながら過ごしていてもムシムシするのが我慢ならなくて、ついエアコンをつけてしまいます。
それに蚊の発生が今年は2倍にになるとの報道もあり、蚊の対策も考えなければなりませんね。
各地では水の事故や熱中症も相次いで発生してるので、事故や体調管理には十分に気を付けて下さい。
熱中症についてのアドバイスですが、熱中症は熱失神・熱けいれん・熱疲労・熱射病の4種類があり、それぞれ症状も異なり、応急処置も異なります。
それぞれの症状に合った予防法・処置を効果的に行うことがとても効果的になります。
詳しくは今回は説明はしませんが、大塚製薬のHPなどで詳しく紹介されているので一度ご確認ください。
<https://www.otsuka.co.jp/health_illness/heatdisorder/care_01/>
さて、今回お話しすることは、8月1日~3日の3日間、開催される第67回淡路島祭りについてです。
そう、夏と言ったら踊り、夏祭りそして花火大会ですよね。
今年で67回目を迎える淡路島祭は毎年島外や県外からたくさんの方が来られています。
淡路島は徳島同様に阿波踊りが有名です。
毎年島内各地の事業者や会社の職員また地域住民など多くの方が連を作成して華麗に踊る「阿波踊り」の様子も見る価値があり、見逃すことはできません。
なんと言ってもほとんどの人の目当てが夏祭り最終日に洲本大浜海岸から打ち上げられる花火大会かと思います。
兵庫県下では最大級の花火大会で、今年は5300発(2.5~10号)で洲本大浜海岸間近で打ち上げられる迫力の花火は夜空と水面を同時に埋め尽くし辺り一面は幻想的な世界が広がります。

尺玉は全国各地の有名花火師から取り寄せたものを厳選しており、今年初披露目となる洲本八万里「たぬき」の花火、約250mの防波堤を使用した毎回凄い歓声があがる「腸ワイドスターマイン」、全国髄一の斜め打ちを誇る「水中スターマイン」が必見です。

夜店も3日間にわたり夜店も出店するのでみなさんも、是非夏休みにご家族やご友人などと一緒に2014年8月1日~3日間、淡路島にお越しください。

また2014年8月3日の花火大会当日は、洲本港からクルーザーに乗って花火もみれます。

●乗船時間:18:30、出発時間:19:00(所要時間:約2時間30分)

●料金:大人¥2,200 小人¥1,100(4歳~小学生)
 ※チケットの数に限りがあるのでなくなり次第終了です。

●チケット販売場所:洲本観光案内所 洲本商工会議所1F事務所
■観覧クルーズに関する予約・お問合せ
一般社団法人淡路島観光協会 洲本観光案内所(洲本バスセンター内)
(〒656-0027 兵庫県洲本市港2-43  Tel:0799-22-0742)

■淡路島まつり全般に関するお問合せ
淡路島まつり実行委員会(洲本商工会議所内)
(〒656-0025 兵庫県洲本市本町3-3-25  Tel:0799-22-2777)
毎年花火大会日は大変混雑しますので、十分に時間をもってご来場ください。
※花火大会終了後は毎年多くの方が一斉に帰宅しようとする為かなり混雑します。
 事故の原因にもなりかねますので、慌てず安全運転でお帰り頂くことを強く願います。
毎年、進入禁止箇所に花火を見ようとする船舶が侵入し、その都度安全上のため花火大会 が中断されます。他の方に大変迷惑になるので花火大会当日は侵入禁止箇所への一般船 舶の侵入は決してしないで下さい
毎年花火大会では公共マナーが守れない方もおられます。飲酒運転や通行が多い道路脇に 路駐をして花火をみるような行為は避け、夏祭り中は公共マナー厳守でお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。